プリウスαとフィットシャトルHV

トヨタのプリウスαとホンダのフィットシャトルハイブリッドは、それぞれの会社のブランド商品として販売台数を競い合ってきました。2つの自動車の大きな違いとしては、プリウスαには5人乗りタイプと7人乗りタイプがあり、どちらも室内空間が広く人数の多い家族向けであるということに対し、フィットシャトルハイブリッドは5人乗りで、立体駐車場に入る大きさとなっています。

次に乗り心地ですが、プリウスαはバネ上制振制御を採用しており、従来のプリウスと比較しても乗り心地やコーナリングの安定性が高く、非常に評価が高いです。それに対してフィットシャトルハイブリッドの方も、リアの重量がアップしたことで乗り心地がフィットよりも良くなっており、標準の安物タイヤを交換するとさらに乗り心地が良くなります。

燃費については、カタログ燃費ではどちらもあまり差がありませんが、実用燃費ではプリウスαの方が10%程度優れる場合が多いようです。コストパフォーマンスについては、車体の大きさや性能などからプリウスαの方が高くなっており、ワゴン車としてのトータルバランスを重視するなら、フィットシャトルハイブリッドがおすすめです。

アウディ 故障