事故車の査定額

事故車の査定がマイナスになってしまうのは当たり前の話ですよね。一度事故を起こしてしまった自動車は、いくら見た感じが美しく完璧に修理されていても、残念ながら「事故車」という履歴が残ってしまいます。

見た感じは問題ないといっても、誰も好んで事故車に乗りたい人はいません。事故車は査定価格がかなり下がってしてしまうのも覚悟しましょう。しかし、あきらめるのはもしかするとまだ早いかも知れないですよ。実は、事故をしても「事故車」ではない見込みがあるのです。

事故車とは、「日本自動車査定協会」等の協会で決められた条件を満たしてしまった車が「事故車」に該当するものです。ですのでその条件を満たさない位の事故・接触であれば査定では「事故車」に該当しないという事になります。

その「事故車の定義」に関して知っておきたいのは、「車の骨格個所に損傷・欠陥が無ければ事故車とみなされない」というのが重要なカギになります。ですので、擦り傷くらいなら事故車には該当しませんので、大幅なマイナス査定をされる見込みが低いと言えるでしょう。ただし、「事故車」でなくなるだけで、擦り傷はしっかりマイナス査定ポイントでありますので御間違えなく。

ベンツ 故障