車の年式と査定額

同じ車種同士で比較すると、一般的には年式はあたらしいほど買取の査定も有利になります。特に人気があり、あなたの車種が多く市場に出回っている場合、その傾向は顕著になり、より年式の新しいほうが高く売れる確率が上がります。また、一般論ですが、新車販売の動きによっても買取価格額が上下します。

例として、トヨタのプリウスがモデルチェンジを発表した場合、「新型プリウスに乗りたい」と現行のプリウスを手放す人が沢山でてくるイメージです。そうなると旧式プリウスが中古車業界規模におおく出回ることになりますので、価値が下がることになり、買取査定が高くは付きにくい状況が生まれます。また、プリウスのライバルであるホンダ・インサイトがモデルチェンジして評価が良い場合なども、同じような理由でプリウスの買取査定に影響が出てきます。

どのような状況でも、新型が発表される前に売却したほうが買取価格もダンゼン有利です。このような事から、その車種を購入してから5年以内に売って買い替えてしまうのがお得という事になると思います。これを超過して、7年目車検になると、殆どの場合モデルチェンジがされていますので、それだけ買取価格も下がる事に繋がってしまうのです。

車買取評判